05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012.09/20(Thu)

シャム猫タロウ

先日訪れた「旧朝倉家住宅」の写真を見ながら
日本家屋の縁側っていいなぁ…とため息をつき
はて、自分が縁側に最後に座ったのっていつだっけ?
…と、記憶をたどっていったら

・・・・・

ここにたどり着きました
↓ ↓  ↓ ↓

コピー ~ DSCN3268 

え~~ かれこれ…ウン十年前の写真ですが
写っておりますのは
まだ幼い私と、その当時飼っていた猫です

画像がぼやけてしまいますが
ちょっとアップにしてみましょう

 DSCN3266.jpg 
わが家の初代猫シャムのタロウです
ちなみに名付けたのは私の父  

母方の祖父母のところでシャム猫を飼っており
そこで生まれた仔猫を
猫(犬)大好きな私の父が譲り受けた…らしい

当時私たちは父の仕事の都合で山口県に住んでおりました
母の実家の東京からはるばる山口まで
父は鞄の中にまだ小さいタロウを入れて 列車に乗って連れてきました
タロウはその頃からあまり手のかからない猫でして
列車の中では1~2度だけ小さい声で「ミャオン」って鳴いたぐらいだったとか
(これがゴロウだったら ウギャーオギャーと大騒ぎだったろうな…)

当時の私は物心つくか、つかないかくらいの年で
タロウと暮らした日々は かなり曖昧な記憶の中なのですが
それでも タロウは私の兄であり、友達でいたことは確かでした

性格は…いたずらをしない、かしこい猫で
悪さをしても 父が怒ると2度と悪さをしなかったらしいです
私よりタロウの方が聞き分けが良かった…と父はよく言っていました
( 悪かったね )

小さな私が いたずら半分にタロウを叩いたり引っぱったりしても
じっっっと我慢していてくれていました ←これはかすかに記憶がある 
(タロウ…!ごめんねーーー!

タロウの毎日は オス猫らしく家の中と外を自由に行き来していたようです 
田舎のことですし 当時はおおらかだったんですね
去勢手術なんて概念もありませんでしたから
おそらくあの界隈には タロウの子孫がいるのかもしれません 






ご訪問ありがとうございます
よろしければ♪クリック♪よろしくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

21:22  |  初代猫タロウのこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |