07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.08/09(Tue)

エリカラをはずした理由

先月末、急遽エリザベスカラーをつけたゴロウさんですが
ワケあってはずすことにしました。

その前に、ゴロウさんの症状についてお話しいたします。
今日もシビアな内容になりますが・・・。

ゴロウさんの頬から出てくる血や膿の原因は壊死したガン細胞です。
ガンは大きくなりすぎると、血流が追いつかなくなり
自壊、つまり壊死するのだそうです。
一瞬「ガン細胞はもう無くなったの?」と思ってしまいましたが、残念ながらそうではなく
例えていうならば、葡萄の房みたいなもので
その房の一つが壊死して破裂し、膿が出てきているのだと、獣医さんから教わりました。
ゴロウさんのガンは扁平上皮ガン骨浸潤といって、字のごとく骨に浸潤していくので
一方で壊死し、一方では浸潤し、それが延々と続くらしいのです。

つまり、顔からは血や膿が出続けるのを覚悟しなくてはいけない。
治る見込みのある外傷ならば、エリカラを我慢してつけさせてもいいのかもしれませんが
ゴロウさんの場合は事情が違います。
それならば、不自由な思いをさせてまでつける意味はない
そう判断し、はずすことを決めました。

その時ハタと気がついたのですが、エリカラをつけさせたのは、
家の中が汚れるのも防ぎたいという、人間側のエゴもあったのだと・・・。

ゴロウさん、ねーさんは覚悟を決めましたよ。
もう気兼ねすることなく(…ってゆうか、猫さんは気兼ねはしないか
フリーダムに床の上でもベッドやソファでも、のびのびして下さい。

床や壁は拭けばいいんです。 シーツやタオルケット、リネン類は洗えばいいんです。
関東地方は水不足だけど・・・水の神さま、どうぞお許しください。

家中の汚れを、そしてゴロウさんの顔すぐに拭けるように
部屋のあちらこちらに、ペーパータオルやウェットティッシュを置きました。
大量に大人買いしてきましたよ。スーパーのレジでは何事かと思われたかな?

只今ゴロねこ家の洗濯機はフル回転、物干しざおにはいつもシーツがはためいています。
暑い夏が幸いしています。 
シーツやタオルがあっという間に乾くのですから。
消毒石鹸で手を何度も何度も洗うのですが、手が荒れないのは高い湿度のおかげでしょう。

14686495750.jpeg
 ~♪ 
(7月中旬の撮影)

あとどのくらい一緒にいられるかな・・・。



人気ブログランキングへ


テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

23:56  |  扁平上皮癌  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2016.08/07(Sun)

ゴロウさん、バリカンを体験する


ゴロウさんと病院にて
14703958770.jpeg
 ワケあって、右顔だけご披露・・・。

今日はちょっとシビアなお話しをさせて下さい。

左頬に溜まった膿を出してもらってからも、膿や血は出続けています。
顔にこびりついた汚れを濡らしたタオルでいくら拭っても、
固まってしまった汚れは、そう簡単には取れなくなってきました。
そして、ニオイもだんだんきつくなってきたとき
あー、介護はニオイとの闘いなんだと、どこかで聞いたな・・・そう思ったのでした。
これはもう私一人で抱えきれない、そう判断し
左顔ガビガビ状態のゴロウさんを連れて病院へ。

先生は一目見るなり、「(衛生上)左顔を剃りましょう」と。
思わず「・・・そ、剃るんですか・・・??」 と、うろたえてしまいました。
確かに、こんな状態はゴロウさんにとっても良いはずはありませんので
最良の処置なんだと、理性ではわかってはいても
それでも内心「ゴ、ゴロウさんの左顔がハゲになっちゃうー」とオロオロする情けない状態で。。。

そして、バリカンを手に先生はゴロウさんの左顔を手早く剃っていきました。
汚れたところはもちろん、これから汚れそうな箇所も念入りに。。。
まだきれいなフワフワの毛はそっと回収しました。
先生いわく「あ、こちらで全部捨てますから大丈夫ですよ」
いえいえ、このフワフワもゴロウさんの大切な一部なんで・・・

14705625850.jpeg
 持ち帰ってきたゴロウさんのフワフワ


今も膿や血が出続けていますが、毛を剃ってもらったおかげで
手入れはかなり楽になりました。

左顔がハゲてても、ゴロウさんは世界一可愛い猫さんですよ(←親バカ



人気ブログランキングへ


テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

23:56  |  扁平上皮癌  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2016.07/29(Fri)

エリカラをつけた理由…


14696526920.jpeg
どーも
気象予報士・エリカラ・ゴロウですニャ



ゴロウさんがおっぴろげ姿を披露したその日の昼
関東地方は梅雨が明けました。
猫さんの感度、すごいですね(笑)

さて・・・
ゴロウさんがエリザベスカラーをつける羽目になった経緯をお話しします

先週の土曜日、2週間に1度の病院の日でした。
抗生物質(コンベニア)、ステロイドの内服薬を投与しても
ガンの進行はとても早く、左頬の腫れは目に見えて大きくなってきています。
腫れそのものは骨が肥大しているので、どうすることもできないのですが
症状を少しでも和らげるため、頬に溜まった膿をとることにしました。
(注射器で吸い取ってもらいました)
処置は短時間で終わり、出血もすぐに止まったので、そのまま自宅へ戻りました。

そして翌日の午後、ゴロウさんの様子がちょっと変・・と思って見たら
なんと、処置した左頬を引っ掻いてしまったのでした。

その時、なんだか訴えるような目つきで私を見ていた姿は、こんな感じ
14611031440.jpeg
(4月18日撮影 お気に入りの布団がなくなって、ムッとしているゴロウさん)

なんだか困ったような顔でベッドの上で座り込んでいたのでした。

・・・そうだ
君は治りかけの傷口を引っ掻いてしまう過去があったね。うっかり忘れていました。
お世話係り失格。。。 ゴロウさん ごめん、ごめんね。

とにかく、手元にあったエリザベスカラーをつけて、もう一度病院へ行きました。
処置としては、服用しているステロイド剤を2倍にして傷口を落ち着かせる。
カラーは常につけて傷を悪化させないようにする。
今、できることはこれしかないそうです。。。


顔の左半分は、ちょっと大変なことになってしまっていますが
幸い本人(猫)は意外に淡々としておりまして
ごはんはいつも通りに食べ(好物のお刺身には目を輝かせ)、お水もチャッチャと飲み、
良く寝て、暑くなったら昨日のようにおっぴろげ姿を披露して・・・。


なんとも不甲斐ないお世話係りですが
ゴロウさんのご機嫌状態を維持すべく・・・ガンバリマス。。。


人気ブログランキングへ


23:56  |  扁平上皮癌  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2016.07/12(Tue)

猫肌に温めて


ゴロウさんの日課「輸液」
温度は猫さんの体温に近い、38℃が理想なんだそうです。

50㏄のシリンジ2本(けっこうデカいのです)
どうやって温めようか考えあぐねていましたが・・・

ちょうどいいモノがわが家にありましたよ

14675032750.jpeg

サーモスの保温ポット
まるであつらえたかのように、いい具合に入りました(笑)

約60℃のお湯で10分ほど温めると、中の液が38℃くらいになります。
シリンジから液をちょっと手のひらに出して、湯温を確認。
ここは、哺乳瓶のミルクを確認するお母さんの気持ちで

湯温調整がうまくいくと、こんなふうに大人しく輸液をさせてくれます。

14675033490.jpeg
~~♪

お気に召さないと「ウニャッ」と鳴いて抗議してきます。
こういう時はたいてい温度がちょっと高すぎた場合で
逆に冷たかったときは、ダッシュで逃げられます

輸液を始めたときは、こんなことがしょっちゅうで、
新米ナースは何度もゴロウさんに怒られましたよ


14675033790.jpeg

ゴロウさん、毎日ありがとね



人気ブログランキングへ


最初は週2~3回だった輸液は、2日に1回になり
今はほぼ毎日になりました。

まだ、自分の口からごはんは食べられるのですが
それでも、食べる量がだんだん減ってきて
輸液の水分に頼らざるを得なくなっています。

少しでも心地よく過ごしてもらえるように
ナースの気持ちで、乳母の気持ちで、お世話をしていこうと思います。


テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

06:44  |  扁平上皮癌  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2016.06/20(Mon)

乳母の心で


夏日の午後 ダレるゴロウさん
寝顔がオカルト(笑)

14663773080.jpeg
 ホゲェーー


食欲はそこそこあるものの、ゴロウさんの体重は徐々に減ってきています。
必要な栄養分が摂取できていないため、強制給餌も欠かせません。

ステロイドの飲み薬を服用するときに
高栄養の粉ミルクお湯で溶いて、シリンジで飲ませます。
14663771930.jpeg

ゴロウさんはシリンジを口に当てられるのがお気に召さず
どんなサイズが良いのか試行錯誤した結果
一番小さくて径の細いもの(1mlの極細タイプ)を何回かに分けるのが、
ストレスが少なく、なんとかスムーズに飲んでくれることがわかりました。
(手前の2本が極細タイプ、奥の1本は同じ1mlでも通常のタイプです)


さあゴロウさん、ミルクのお時間ですよ~
点滴はナースの心で、ミルクタイムは乳母の心で♡

14664018400.jpeg
 なんかイヤな予感がしますニャ


獣医さんから、栄養摂取は大事だけどストレスはNGなので
ゴロウさんが嫌がらない程度に…と言われています。
ミルクがまだ残っていても、嫌がり始めたらそこで「ストップ」です。

↓ こうなったら、ストップの合図

14663779490.jpeg
 ヤメルですニャッ
 

ミルクタイムを写真に撮るのは至難の業です・・・


ご訪問ありがとうございます(^_-)-☆
ゴロウさんは今日もご機嫌に過ごしています(ミルクタイムは除く

人気ブログランキングへ

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

15:23  |  扁平上皮癌  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT