07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.02/12(Fri)

Love!おばーさま

今、ゴロウさんと横浜の実家に来ています


 座りなれた椅子でリラックス♪


 おばーさま(母) の足元でゴロ~ン   (…右下の素足はワタシです


 
 思いっきり甘えるんだよ



  暖かい窓辺のソファでお昼寝中

 
 おばーさま(母)とワタシにチヤホヤされ、ご機嫌に過ごしています
 ・・・・ちょっと甘やかしすぎているかも・・・?



人気ブログランキングへ

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

23:56  |  左頬の治療  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2016.02/08(Mon)

メッセージ、ありがとうございます

ゴロウの病名告知の記事に
たくさんの温かいお言葉をありがとうございます
皆さんからのメッセージ、一つ一つ、嬉しく読ませて頂きました

14547099080.jpeg
 みニャさん ありがとうございますニャ 
 (2月6日撮影)

★n8さん
ご心配いただきありがとうございます
サプリ情報、感謝です
さっそくチェックしてみますね
病気の猫さんを看病する日々
身体に気をつけながら、お互い頑張りましょうね!

★の○さん
最初の診断では「大丈夫でしょう」だったのですが・・・
本当に急転直下という感じでした
でも、ゴロウがご機嫌で過ごしてくれているのが救いです
この間描いて頂いたイラストのように、すやすやとお昼寝をしていますよ(*^-^*)

★かーさん
 かーさんの夏祭りに参加させて頂いた日が、ついこの間のことのようです
 とても楽しい思い出になりました (あ、まだ過去形は早すぎますね(^^; )
 ゴロウはかーさんに、たくさん愛していただいて本当に幸せな猫さんです

★Mちゃろさん
 ゴロウのために祈ってくださってありがとうございます!
 残された時間、少しでも穏やかに優しく過ごしていければ・・・と思っています
 これからもこのブログをのぞきに来てくださいね(更新は相変わらずのんびりですが…(^^; 

★violaさん
 命を預かったらいつかはお別れがくる…頭ではわかってはいても、
 うろたえてしまいそうな自分がいます
 でも、私が穏やかな気持ちでいたら、きっとゴロウにも伝わるはず
 そう信じて、精一杯お世話をしていこうと思います

★ぴ○○ょろさん
 ゴロウを思って下さった涙、ありがとうございます!
 痛み止めが効いているせいかもしれませんが
 おかげさまで ご機嫌に毎日を過ごしてくれています
 顔の腫れさえなければ、病気だということを忘れてしまいそうなんですよ

★fm_さん
 はい・・・決断いたしました
 看病(というか、私の場合は見守り…かな?)するにあたり
 fmさんの闘病ブログやメッセージが心の支えになっています
 おかげさまで、今は元気に過ごしてくれていますので
 春にむけて、ゴロウが私の足にガブッとする日も近いかも??
 

 14542035730.jpeg
  目つきはワルいですが・・・ 床暖房を満喫中のゴロウさん
 

 これからも、ゆっくりではありますが 
 ゴロウさんとの日々を綴っていきますので 
 皆さまどうぞよろしくお願いいたします


  
人気ブログランキングへ

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

21:01  |  左頬の治療  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2016.02/04(Thu)

ゴロウさんの病名

ゴロウさんの病名が判明しましたのでお知らせいたします

 扁平上皮癌 骨浸潤 (ヘンペイジョウヒガン コツシンジュン)

 悪性の癌でした


余命は…その子の体力によって一概には言えないのですが
発症してから平均で「3ヶ月」くらいだそうです


1月11日、高度医療センターでのCT画像診断では「骨腫」と言われ、
悪性が大半の骨肉腫と違い、まず良性でしょう・・・とのことだったのですが
(1/13に「大事にはなっておりませんので」と書いたのはそれが理由でした)

でも、それから2週間後の1月26日、病理検査の結果がでまして
このような事実が判明したのでした

今後の選択肢は大きく分けて2つ

1.手術
  患部のある左顔大半を切除する大手術になる
  切除をしても再発する可能性が高い

2.緩和治療
  手術はせず、点滴や投薬で痛みを抑え、今まで通りの生活を続ける

医療センターの担当医から、電話で説明を受けているとき
不思議なほど冷静に受け止めている自分がいました
そして、迷うことなく後者の緩和治療を選ぶことにしました

実は、この選択は今回の結果がでる前から決めていたことでした
手術をして、ゴロウさんに負担をかけてしまうよりは
最期のときまで、できるだけ穏やかに暮らしてほしい
・・・これがお世話係りの切なる願いなのです

告知の電話の直後は、比較的冷静でいましたが
次の日から、仕事の最中でも深ーーいため息を無意識についていたり
帰宅して一人になると、思わず涙がぶわーーーっとあふれてしまい
ゴロウさんのモフモフした背中に顔をおしつけて、ひとしきり泣いてしまったり
(当のゴロウさんは ナンですかニャッ?! みたいな気持ちだったと思います)

ゴロウさんと出会った7年前、
いつかは猫の神様にお返しする命…という覚悟をもって、うちの子に迎えたのですが
いざ、その時が近づいてきてみると・・・やっぱり想像しているのと現実では違いますね

でも、おかげさまで周りの友人や職場の同僚(猫好きの多い職場なんです)に助けられ
今はかなり落ち着いて、日々をすごしております

残された時を悔いのないように、精一杯お世話をしていきたいと思いますので
このブログを訪れてくださっている皆さま、どうぞゴロウを見守っていただけると幸いです



人気ブログランキングへ





テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

22:22  |  左頬の治療  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
2016.02/01(Mon)

高度医療センターへ

1月11日
かかりつけ医の紹介で、川崎にある高度医療センターへ行ってきました

車で片道約30分
車なし&ペーパードライバーなので、必然的にタクシー手配となったのですが
どうもタクシー運が悪かったらしく、運転手さんったら
医療センターの「裏口」につけてくださいましたよ(怒)

病院近くまで来て急に路地裏に入るから、道に疎いワタシでも
さすがに「?!」と思ったのですが、、、まさか裏につけるとは!
(人間の病院だと、裏口=急患入口というイメージもありますが、この場合は
スタッフ以外立ち入り禁止感が思いっきり漂う雰囲気をイメージして下さいねっ)

怪訝な顔をする私に、運転手さんなんて言ったと思います?!
「ナビではここを示しているんですけどーー」
はぁーー? 
あまりの残念な応対に本当にがっかり・・・(-_-)/~~~ 
イラッとする気持ちをなんとかこらえ、冷静に言いましたよ
(友人いわく、こーゆー時の私が一番怖いんだそうで…
「あのー、誰がどう見てもここ、裏口ですよね?? ここで降ろされても困ります」
(なにしろこちとら、大事なゴロウさんを抱えているんですっ)
もちろん、正面入り口まで行っていただきましたよ
おかげで大回りをして 時間&距離のロス
メーターを止めてもらうの言い忘れたのが未だに悔しいーー(-_-;)

到着時にハプニングはありましたが
時間には余裕をもって出たので、予約時間に遅れることなく着きました

初めての大きな病院、たくさんの犬や猫たち(大半が犬でしたが)
ゴロウさんも不安を感じたのか、珍しく唸るように鳴き、キャリーの中で少し暴れました

14543322810.jpeg

 ココは一体どこですニャッ

14543322070.jpeg
 
落ち着かないゴロウさんをなだめながら、待合室で待つこと30分以上
10時半の予約でしたが、診察室に呼ばれたのが11時
時間通りにいかないのは人間の病院と同じ、これは仕方がないですねぇ(*_*;

担当医はカンニング竹山似のフレンドリーな雰囲気のお兄さん先生で
ここでの検査について、いろいろと説明をしてもらいました

かかりつけ医で撮ってもらった、レントゲンの画像データは提出してあったのですが
これだけではやはり診断のしようがないので、もっと詳しくCT検査をすることに
そのCTが空くのがなんと午後4時 つまり約5時間後・・・
検査には麻酔が必要で(人と違って猫さんはジッとしていられませんからね
その麻酔がとれて帰宅できるのがたぶん5時~6時くらい
気が遠くなりそうな待ち時間ですが、せっかくここまで来たのですから
きちんとお願いすることにしました

その間ゴロウさんは、病院へ預けてお願いするのですが
さて、問題はお世話係りのワタシ、検査が終わるまでどうしましょう。。。

ちなみにそこは・・・
14529969330.jpeg
多摩川沿いの 見晴らしの良いところにありまして・・・
お天気も良かったので、マラソンやウォーキングをする人がたくさんいましたよ
だからといって、ここでいきなりウォーキングを始めるのもナンですしね・・・(*_*;

ゴロウさんを待つ間、いったん家に帰るにも中途半端な時間&距離なので
とりあえず、病院内にあるラウンジで本を読んだりしていましたが、途中で疲れてしまい
散歩がてら川沿いを歩きに歩いて約30分、東急の二子玉川駅までたどり着いてしまいました
東急SCや高島屋をうろついてみましたが、やっぱりゴロウさんのことが気がかりで
とても買い物気分にはなれませんでしたが。。。
そして、またてくてく歩いて病院へ戻り、やっと呼ばれたのは日もとっぷり暮れた5時半ごろ
心身共に疲労困憊でしたが、ゴロウさんの方がもっと大変だったはず

診察室に入り、緊張しながら検査結果を聞きました

画面に映し出されたゴロウさんのCT画像を見ると
なんと左頬に骨の固まりができていました
骨が増殖するなんて、まさか想像もしていませんでした

かかりつけ医が患部を針で採取しようとして
「まるで骨のように固くて採れません」と断念したのは
確かに本当だったんだと、改めて認識しました

CTの画像検査では「骨腫」と診断されました
悪性が大半の骨肉腫と違い、まず良性でしょうと言われましたが
患部の細胞を病理検査にだすので、きちんとした結果は1~2週間後に連絡がくることに
 
ところで、私の心配はゴロウさんの状態だったのですが
カンニング竹山 担当医いわく「おとなしい良い子でしたよ」(たぶん我慢していたんだと思います)
それから「ゴロウちゃんって抱っこ猫ですか?」  ええ、そうですが・・・? 
なんでも 先生が抱っこしたらゴロウさん、ギュッと抱きついてきたそうで・・・
ま、、、確かに抱き心地のよさそうな体格の先生でしたけどねぇ(笑)

そんなこんなで ほぼ1日がかりの高度医療センターでの検査でした
 
随分と長い記事になってしまいましたので、今日のところはこの辺で・・・

実はこの後、いろいろとわかるのですが
今、私は落ち着いて事実を受け止めていますので、どうぞご心配のないように…!



 ご訪問ありがとうございます!
 
キジ白猫 ブログランキングへ
23:23  |  左頬の治療  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2016.01/29(Fri)

ゴロウさんの顔の腫れは…

なにから説明したらいいのか、考えているうちに時間がたってしまいました
ゴロウさんの左頬の腫れについて、そろそろお話しをしなくてはなりませんね

14529968050.jpeg

お正月に異変に気づき、東京に戻ってかかりつけの病院へ駆け込みました

歯茎が腫れていたのですが、この腫れがどうも普通ではなく
注射針のようなもので患部を採取しようとしたのですが
針がまったく刺さらないレベルの固さだったのです
先生いわく、「まるで骨のようだ」と・・・

そして、大きな病院での精密検査をすすめられ
川崎の「日本動物高度医療センター」へ行くことになりました

14529968820.jpeg
病院へ行く日の朝、ごはん抜きで元気のないゴロウさん

医療センターの予約日は1月11日
この日はゴロウさんの「うちの子記念日」で
本当だったら、いつも通りお祝いをする予定だったのに
大病院で精密検査になってしまうとは・・・(涙)

検査の様子は、また改めて・・・


ご訪問ありがとうございます(^_-)-☆

人気ブログランキングへ

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

22:22  |  左頬の治療  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT